転勤が多く発生する時期は、賃貸も多く見つける事が可能

防犯上、賃貸物件の入居者が入れ替わる時にはカギの交換が必要です。費用については対応がいろいろです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
転勤が多く発生する時期は、賃貸も多く見つける事が可能

転勤が多く発生する時期は、賃貸も多く見つける事が可能

賃貸物件に入居するにあたって気になるのが玄関のカギです。前の入居者や、その前に住んでいた人など誰かがカギを持っているとなるとセキュリティの面で不安が残ります。そのため、入退居があった時にはカギの交換が行われるのが一般的です。この玄関のカギの交換についての対応は物件や不動産会社によっていろいろです。退去者があったら全ての物件で大家さん負担でカギの交換をしているという物件もありますし、借主の負担でカギ交換をし、契約の時の初期費用の中に費用が含まれていることもあります。また、希望があれば交換をするというケースもありますので、契約の前にはカギの交換について確認しておくと安心です。

また、カギの交換といっても方法がいくつかあります。不動産会社の担当者が交換することもありますが、やはり安心なのはカギの専門業者に依頼してシリンダーごと替えてもらうやり方です。専門業者に依頼した方が当然費用も高くなりますので、カギの交換費用を借り手が負担するのであれば交換費用の内訳をきちんと確認し、どういう形でカギの交換がされるのかを知っておく必要があります。実際にカギ交換をした専門の業者の作業明細や領収証などをもらうことができれば一番安心です。

Copyright 2015 転勤が多く発生する時期は、賃貸も多く見つける事が可能 All Rights Reserved.